スポンサードリンク


手湿疹についての最近のブログ記事

『手湿疹』は、水や洗剤を扱うことの多い仕事の人や水仕事の多い主婦に多く見られます。
その名前の通り、手のひらや甲など手だけにでる湿疹のことで、「主婦湿疹」とも呼ばれています。

『手湿疹』は、一般的には次のような症状が見られます。
1) 手や指の皮膚の乾燥が酷くなる
2) 手や指に、小さな赤いポツポツがあらわれる(かなり、強いかゆみがある)
3) 手や指の皮膚が硬くなってきた
4) 手や指に亀裂が出来るようになってきた(出血することもある)
5) 手や指の皮膚が剥ける

『手湿疹』の症状は人それぞれ違いはありますが、これらの症状に当てはまる場合は、『手湿疹』としての治療を、始めたほうがいいかもしれません。

『手湿疹』の症状の現れ方は、アトピー性皮膚炎や、一般的に言われる手荒れと似ているために、自分が『手湿疹』であることに気がつかない方が多くいます。

冬場など、お湯を使う事が多かったり、ちょっとケアを怠ったりすると、「あかぎれ」や「ひび割れ」といった、手荒れを起こしますね。
『手湿疹』も、初めのうちは、ただの手荒れだと判断できるような「あかぎれ」や「ひび割れ」「乾燥」や「皮むけ」などの症状から始まることが多いのです。ですから、自己の判断で手荒れ用の保湿剤やハンドクリームでケアします。
ですが、なかなか治らなかったり、悪化してしまったりして、ただの手荒れでないと感じるようになります。
そのうち、小さなポツポツがでて、とても強いかゆみを感じるようになります。そのかゆみがおさまる頃、皮膚は硬くなり、亀裂ができたり、皮膚がむけてしまうのです。指紋がわからなくなることもあるようです。

こうなると、乾燥のひどい冬場だけでなく、一年を通して繰り返し起こります。

私の場合も、冬に「あかぎれ」や「ひび割れ」といった、手荒れから始まりました。
でも、いつも冬になると手荒れを起こしていたので、気にしないでいたら、翌年の夏、指先に小さなポツポツと、強いかゆみが出て、夏だと言うのに、手荒れ状態になりました。皮膚科では、「水に直接触れないように」と、言われました。


もしも、あなたの手荒れが良くなったり悪くなったりを、慢性的に繰り返していたり、手や指のケアをきちんとしているのに、完治しなくて困っているようなら、ぜひ一度皮膚科を受診してみましょう。

もしかしたら、あなたの手荒れは、ただの手荒れではなく『手湿疹』かもしれません。

『手湿疹』ができる、ハッキリとした原因は分かっていませんが、“接触性皮膚炎”の一つと考えられています。
洗剤や紙・ビール製品などによる、刺激や摩擦により手や指先の水分が不足することで、皮膚のバリア機能が低下することで、『手湿疹』になると言われています。

手を洗った時の刺激や水仕事する時の洗剤による刺激や、紙やビニール製品での摩擦で、水分や皮脂が不足し、手指の乾燥・ひびわれ・あかぎれ・強いかゆみなどの症状を引き起こします。

中でも、小さな水疱が出来るのが、『手湿疹』の特徴的な症状です。

『手湿疹』による水泡は、皮脂や水分が不足して手指を守るバリアが弱まったところに、洗剤や刺激物が入り込んだり、手を洗ったり拭いたりする時の摩擦などの刺激によって、水疱ができてしまいます。
手指を守るバリアが弱まっていると、思わぬもので、水泡が出来てしまいます。
私の場合、レモン汁やにんにくのすりおろし・にんにくの皮を剥いているだけでも、水泡が出来てしまいました。

水泡は、つぶすと透明な液体が出てきます。
ですが、つぶれたからといって『手湿疹』が治るわけではなく、かえって、症状を悪化させることになります。
水泡は出来てはつぶれ、乾燥すると皮膚が剥がれるということを繰り返します。
また、水泡がつぶれたり、乾燥して切れてしまったりして、傷になった箇所には、バイ菌が入り込みやすくなります。
きちんと処置をしなければ、炎症がなかなか治らないだけでなく、痛みも強くなり辛い状態が続くことになります。


『手湿疹』のはじめ頃は、軽いかゆみ程度なのですが、水泡が出てくると、手が腫れぼったくなり、強いかゆみを感じるようになります。

そして、水泡やかゆみが治まってくると、手や指の水泡が出来ていた部分ががどんどん乾燥していき、皮膚が剥がれやすくなります。
さらに、乾燥したところが、切れたり、出血したりして、痛みが出ます。
『手湿疹』の症状がさらに悪化すると、指紋が消えてしまうこともあります。


ちょっとした刺激で炎症がひどくなる可能性がある『手湿疹』ですから、今は大したことはないかもしれない、あなたの『手湿疹』も、今の症状から悪化させないことが、とても大切なことなのです。

『手湿疹』には、水仕事が多い人がなりやすいと一般的に言われています。
例えば、理容師や美容師、調理師などは、以前から職業病とも言われていましたが、最近では主婦の方にも『手湿疹』の症状が、多く見られるようになりました。

主婦の仕事というのも、1日中家事などで洗剤の刺激を受けることが多く、その時に使用している洗剤には、皮膚の水分や油分を奪う原因となる物質が含まれている物がほとんどです。

具体的に言うと、食器用の洗剤や洗濯石鹸には、界面活性剤、香料、色素、殺菌剤、蛍光漂白剤などが含まれていて、これらの化学物質は、皮膚の水分や油分を奪い、乾燥によって荒れた手指にさらに刺激を与えます。

そして、合成界面活性剤や化学物質を含んだ洗剤を使い続けることは、『手湿疹』の炎症を悪化させる原因にもなってしまうのです。

このように、『手湿疹』には、なりやすいタイプがあります。さらに、『手湿疹』になりやすい時期というのもあるのです。
それは、秋から冬にかけて気温の低下とともに、乾燥が強まる時期です。
乾燥は喉を痛めるといわれますが、肌にもかなりのダメージがきます。

この時期は、乾燥している状態が続き、冷たい空気という、外部からの刺激を受けやすい状態になります。
場合によっては暖房をいれるところもあるでしょう。そうなるとさらに乾燥が強くなります。
ですから、この時期になると普段から保湿に気をつけている人でも、『手湿疹』が悪化してしまうことが多いようです。

近頃、手指の乾燥が気になる方、日頃から水を使う作業が多い方などは、今は『手湿疹』の症状がないとしても、いつか症状が現れる可能性はあります。
現在でもハッキリとした原因が分からない『手湿疹』ですが、『手湿疹』になりやすいタイプや時期があることは、確かです。
ですから、手を使う機会が多い方は日頃から、手のケアをしっかり行って、乾燥が強まる時期にトラブルのない状態を保つようにしましょう。

秋から冬にかけて、空気が乾燥してくると、手が荒れやすくなりますね。
あなたも、手荒れの経験はあるでしょう。

でも、その手荒れ、もしかしたらただの手荒れではなく、『手湿疹』かもしれません。

『手湿疹』と言う言葉は、聞いたことあるでしょうか。
『手湿疹』は、手や指に触れるものの刺激(洗剤など)で皮膚炎を起こしたり、アレルギーによって炎症を起こすもので、手荒れに似た皮膚のトラブルです。
女性に多く見られることから、別名『主婦湿疹』とも呼ばれています。

普通手荒れの症状といえば、手が乾燥してガサガサになったり、あかぎれ、しもやけ、ひび割れなどを起こすもので、家事などで水仕事をすることの多い主婦の方や、職業柄、水作業が多い方などに多く見られます。
『手湿疹』の症状も、これらと似ているため、ただの手荒れと勘違いしてしまう方も多いようです。

ただの手荒れは、空気が乾燥している秋から冬の時期にあらわれることが多いものです。
また、掃除などで使った洗剤が強かったり、体質的に合わなかった場合などにもあらわれますが、ただの手荒れならば、数日から数週間で完治する場合がほとんどです。

ですが、『手湿疹』の場合、手や指のトラブルが1年中、同じ症状を繰り返したり、完治する気配が見られないのが特徴です。
また、手荒れと違う症状としては、小さい水泡や湿疹、手指の腫れや痛み・強いかゆみなどの症状があります。
その後、腫れや痛み・かゆみ・といった『手湿疹』の症状がでた部分は、やがて乾燥して皮膚がめくりあがります。
そして、その乾燥が続くことで、皮が剥け、ひび割れを起こし痛みや出血をともないます。


ですから、アトピー性皮膚炎など、もともとアレルギーを持っている方は、腕や足、顔などの状態はいいのに、手だけにトラブルがあらわれた場合、ただの手荒や、アトピーの症状だろうと軽く考えずに、手や指に現れるトラブルをよく観察しましょう。
『手湿疹』であるということも考えられます。

最近では、どのような状態が『手湿疹』なのか、『手湿疹』についてわかりやすく説明している市販薬のCMも多くなりました。
今のあなたの手指の荒れが、『手湿疹』と同じ状態かどうかを確かめて、早めに適切な処置を行うようにしましょう。

『手湿疹』で手や指の皮膚が弱くなっているのを保護することが、『手湿疹』のケアの一番大切なことです。

手を保護するアイテムといえば、“手袋”です。
日常生活の中で、手を使わないことはほとんどありません。
新聞や本を読んだり、洗濯ものを干したり、布団の上げ下ろしや掃除機をかけるなどの作業でも、手や指に触れているものと摩擦が起きてしまいます。
『手湿疹』で荒れた手指は非常に刺激に敏感になっていますから、その摩擦が刺激となって、かゆみが起こってしまったり、皮がむけてしまったりしてしまいます。

ですから、『手湿疹』の症状が安定するまでは、ハンドクリームなどの保湿剤を塗ってから、綿の手袋をするようにしましょう。

特に食器洗いをはじめとして、お風呂洗い、拭き掃除など、家事の大半を占める作業は、水や洗剤を必要とします。
『手湿疹』で敏感になっている手指には、直接水に触れることも、使用する洗剤類も刺激となり、『手湿疹』の症状を悪化させる原因になります。ですから、水仕事をする時は、必ずゴム手袋をして行うようにしましょう。

ですが、ゴム手袋を直にはめてはいけません。ゴム手袋のゴムが刺激になってしまいますから、綿の手袋をした上で、ゴムの手袋をするようにします。そうすることで、『手湿疹』で荒れた手指を刺激から守ってくれるのです。

普段、水仕事をする時だけでなく、その他の作業をする時にも、綿の手袋やゴム手袋して、手指を守るように心がけましょう。

ですが、綿の手袋をして、ゴム手袋をすると、手袋の中の手は、汗をかきます。
汗でぬれた手袋を、そのまましていたのでは、やはり『手湿疹』を悪化させる原因になってしまいますので、汗をかいたり、ぬれたりしたら、綿の手袋も取りかえるようにしましょう。

また、綿の手袋は、できれば常に着用することをオススメします。
一日数回の保湿剤と、綿の手袋をすることで、乾燥からも荒れた手指を守ることができます。
症状に合った保湿剤と綿の手袋で、乾燥と摩擦と刺激を防ぐことで、『手湿疹』の症状も落ち着いてくるでしょう。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち手湿疹についてカテゴリに属しているものが含まれています。

前のカテゴリは手湿疹のもろもろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2