スポンサードリンク


手湿疹の原因・治療の最近のブログ記事

『手湿疹』の治療に最も必要なことは、“こまめなケア”です。

『手湿疹』を悪化させないために、自宅でもできるケアについてお話しましょう。

自宅で『手湿疹』のケアを行う場合、“保湿”に注意しなければいけません。
なぜなら、家事はもちろん、日常生活で行う作業のほとんどは、必ず手を使っています。
そのため、常に手の水分や皮脂は、奪われやすい状態にあるのですが、こまごまとした作業をしていると、つい手のケアをしそびれてしまったり、後回しにしてしまうこともあるでしょう。
ですから、意識して“保湿”を心がけましょう。

特に、手の水分や油分が奪われやすい状態になるのが、水仕事の後・手洗いの後・洗顔や洗髪など、手が水に触れた後です。
これらの作業は正常な手指の時でも、刺激を受けやすい状態になります。
ですから、『手湿疹』の症状がある時は、より一層危険な状態になるということで、悪化する可能性もあるのです。

水を使う作業をする場合には、できれば、ゴムの手袋をして作業するのが望ましいです。
その時は、ゴムの刺激を防ぐために、綿の手袋をはめた上にゴム手袋をはめるといいでしょう。
ですが、素手で水を使う作業をした後は、必ずハンドクリームなどで“保湿”する事を忘れないでください。

『手湿疹』の症状には、なるべく刺激が少ないハンドクリームやワセリンなどの保湿剤を選ぶようにして、1日数回、こまめに“保湿”することを心がけましょう。最近では、『手湿疹用』のクリームもでていますから、症状に合わせて選ぶといいですね。

また、『手湿疹』の自宅ケアは、水を使った作業の後だけでなく、家事全般において作業前のケアも大切になります。
例えば、新聞の片づけでは、紙とインクの刺激を受けます。布団の上げ下ろしは、布と綿の刺激があります。
拭き掃除は、洗剤や、汚れた水による刺激も考えられます。押入れや物置の片付けなどでは、ホコリによる刺激も、かなりのものです。
これらのような、手指に強い刺激を受けるような作業をする前には手指の保護を念入りにするようにしましょう。
そうすることで、『手湿疹』で刺激に敏感になっている手指を、保湿剤が膜となり、守ってくれるのです。

こうして考えると、家事は本当に手指を使います。
自宅で“保湿”に注意するのは以外と大変なことかもしれませんが、常に“保湿”を意識するようにしましょう。
自宅でのケアの最大のポイントです。

『手湿疹』の症状のある手指の保湿は、外出先でも必要ですから、常に自分にあった保湿剤を持ち歩くようにしましょう。
そして、自宅でのケア同様に外出先でもケアできるように工夫しましょう。

『手湿疹』の自宅でのケアは、今すぐはじめられるものが多いので、悪化させないためにも、早速はじめてみましょう。

ですが、『手湿疹』の炎症が悪化している場合は、皮膚科での治療が先決です。

『手湿疹』の辛い“かゆみ”は、生活環境に注意することで、緩和することができます。
『手湿疹』による“かゆみ”を緩和するために、荒れている手指をこすったり、引っ掻いたりしてのでは、刺激を与えるだけで、症状を悪化させてしまうことにも繋がります。ですから、“かゆみ”の起こらない環境を作ってみましょう。

『手湿疹』の“かゆみ”の原因は「乾燥」です。秋から冬にかけては、「乾燥」しやすい季節なので、特に注意が必要です。
冬場はエアコンやストーブなどの暖房器具を使うことが多くなり、室内の「乾燥」も高まってしまいます。
そして、思っている以上に肌も「乾燥」してしまいます。
ですから、加湿器を利用したり、洗濯ものを室内で干すなど工夫して、生活するスペースの湿度に注意しましょう。
肌を「乾燥」から守るためには、部屋が「乾燥」しないようにすることが大切です。
そして、適度に水分を取って、体の「乾燥」も防ぐようにしましょう。

他にも注意したいのは、手洗いや食器洗いなどで使用する石鹸や洗剤と、熱めのお湯を使うことです。
石鹸や洗剤の中には、肌の潤いを必要以上に奪ってしまうものもあります。
また、熱いお湯は肌の「乾燥」を早めてしまうので、“かゆみ”がでてしまいます。

ですから、『手湿疹』の手肌には、低刺激の石鹸や肌の潤いを残せる優しい石鹸を使うようにしましょう。
そして、どうしてもお湯を使いたくなる冬場なども、設定温度は“ぬるめ”にするようにしましょう。


『手湿疹』での“かゆみ”や悪化を防ぐためには、荒れた手指を保護し、「乾燥」しないようにすることが、一番大切なことです。
そのためには、手肌に水が触れた後(例えば、水仕事の後・洗顔後・お風呂上りなど)は、必ず保湿剤を時間を空けずに、塗るようにしましょう。手肌の水気をしっかり拭きとり、まだしっとりしている時に、保湿剤を使うことをお勧めします。

保湿剤で『手湿疹』の肌を覆うことで膜ができますから、手指の水分の蒸発も防いでくれますし、刺激も緩和してくれるのです。

普段の生活の中での、ちょっとした気遣いで、“かゆみ”を起こりにくくすることができます。

『手湿疹』は、小さな水泡ができはじめると、とても強い“かゆみ”を感じるようになります。
この“かゆみ”が『手湿疹』の代表的症状です。

“かゆみ”を感じると、無意識に手指をこすり合わせたりして、緩和しようとします。
また、気付かないうちに引っ掻いてしまうこともありますが、「かゆいから、かいてしまう」を繰り返すと、かえって、“かゆみ”が増長してしまい、症状を悪化させることもあります。

皮膚に起きるかゆみは「乾燥」が原因です。ですから、乾燥肌の方の悩みもかゆみであることが多いようです。
そして、『手湿疹』の“かゆみ”の原因も「乾燥」です。

では、なぜ「乾燥」すると“かゆみ”が起きるのでしょう。

基本的に皮膚は、汗腺からの汗や毛包からの皮脂による、水分と油分で「乾燥」を防いでいます。
また、手のひらには毛包がないので、汗腺からの水分だけで、「乾燥」を防いでいることになります。
ですが、肌が「乾燥」すると皮脂が少なくなり、肌の水分もどんどん蒸発していってしまいます。
「乾燥」によって水分や皮脂による肌のバリア機能が低下すると、外部からの刺激を受けやすくなります。


特に、手は、日常生活の中でも、洗剤やお湯など、皮脂が取り除かれやすい環境にあります。
水分も蒸発しやすく、「乾燥」しやすいので最も外からの刺激も受けやすい部分です。

正常な肌は、皮脂が肌の水分の蒸発を防いでくれていますが、水分や皮脂によるバリアを失った皮膚は、ちょっとした刺激でも過剰に反応してしまいます。皮膚に刺激を感じると、皮膚の中にある肥満細胞から“ヒスタミン”が分泌されます。

この“ヒスタミン”が“かゆみ”の原因とも言われています。

『手湿疹』の場合、手肌の「乾燥」が進んでいる状態では、肌のバリア機能が低下しているため、手を使う作業のほとんどのことが、刺激となってしまいます。例えば、手を拭いたり、洗濯ものを干したり畳んだりする、という日常何気なく行っている事でさえ、刺激となって“かゆみ”が起こってしまいます。

ですから、少しでも「乾燥」させないようにするためには、『保湿』が重要になるのです。
いつもどんな時でも、手の潤いを低下させないように『保湿』を心掛けることが、『手湿疹』での“かゆみ”を起こさないために大切なことです。

『手湿疹』に悩んでいる方の最も大きな不安に、“この症状が本当に完治するのか”というのがあるのではないでしょうか。

ある日突然、指先に水泡ができてかゆみが強く、あげくに、皮が剥けて切れると言う事を繰り返す症状。
何も知識のないうちは、とても驚いてしまいます。

私も、初めて症状がでた時は悩みました。職業柄、必ずお湯を使うし、手袋をしていることは不可能。
食品を扱うので、仕事中にクリームを塗ることはできないし、いくら、就寝前にハンドクリームを塗っても、全く改善されることはなく、逆に悪化の一途をたどっていました。ですが、仕事をやめて、洗い物の量が減り、睡眠時間がたっぷりとれるようになったら、だんだん楽になっていって、今では、あの痛痒い水疱は出なくなりました。

ですから、結論から言うと『手湿疹』は治ります。

ただし、短期間で完治することは、ありません。
なぜなら、『手湿疹』の症状が起きてしまう原因が、人それぞれ異なることと、刺激や乾燥をなくさなければ、再発してしまうものだからです。

『手湿疹』は、症状にも個人差があると言われていますから、原因も症状も異なる分、治療法も人それぞれということになります。
さらに、皮膚科の医師によっても治療法がことなりますから、自分の症状が改善に向かう治療が見つかるまでには、どうしても時間が必要になります。
また、『手湿疹』の完治には最低でも6か月は必要と言うのが、一般的ですので、焦らずに、治療に専念するようにしましょう。

完治させようと焦ることが、ストレスとなってしまうと、逆効果になりかねません。

現在では、インターネットを利用すると『手湿疹』についての、様々な情報が手に入りますから、自宅で『手湿疹』のケアを、考える方もいるでしょう。ですが、どんなに魅力的な方法でも、体質や症状などによっては、合わない方法である可能性があります。
そうなると、逆に『手湿疹』を悪化させる危険性も出てきます。

『手湿疹』を自宅でケアする場合には、むやみにいろいろな方法を試すことはやめましょう。
『手湿疹』の完治に一番大切なことは、根気強く治療を続け、手肌のケアを怠らないことです。

私の場合は、まだ軽い方だったのかもしれませんが、職業柄、医師からの注意を守る事ができないのが、治らない原因だと思ったので、皮膚科に通ったのは2~3回ほどでした。
その後は、処方された薬と似た成分の入っているクリームを薬局で探して、塗り続け、何をするにも手袋をはめていました。

時間はかかりますが、『手湿疹』は、必ず完治します。

『手湿疹』は、手や指を守る役割のバリア機能が弱くなったために、起こると言われています。
つまり、『手湿疹』ができている手指は、とてもデリケートな状態にあるというわけです。
ただでさえ、手は外部からの刺激を常に受けてしまう場所であるうえに、『手湿疹』になっていると、“物をつまむ”という普通のことでさえ、かなり大きな刺激となります。ですから、日常的に行うことでも、注意が必要になります。
では、『手湿疹』になった場合、具体的にはどのようなことに気をつけたらいいのでしょう。

まず『手湿疹』の症状が出ている手や指は、水分や皮脂が足りない状態で、乾燥しています。ですから、最も大切なことは“保湿”です。ハンドクリームなどで荒れた手指を覆うことで、外部からの刺激を緩和します。
そして、木綿の手袋をして、しっかりと保湿することで、肌のバリア機能が低下している手や指を乾燥から守りましょう。


手を洗う時も、『手湿疹』によって、摩擦に対して非常に弱い状態になっていますから、できれば、石鹸やハンドソープも刺激の少ないものに変えて、強くこすることは避けた方がいいでしょう。
また、注意したいのが、お湯を使って洗顔や手洗いをする機会が増えまる冬場です。
お湯は温かいし、よく泡立つし、汚れも落ちるし、良いことばかりのようですが、『手湿疹』にはあまり良いものではありません。
なぜなら、お湯は手や指の皮脂を奪って乾燥を早めてしまいますから、『手湿疹』を悪化させることに繋がりかねないのです。
『手湿疹』のケアで最も大切なことが、“保湿”ですから、乾燥を早めてしまうお湯は、なるべくを使わない方がいいでしょう。
どうしてもお湯を使う場合は、早いうちにハンドクリームを塗るようにします。

また、普段から家事をする時に使用している洗剤も、『手湿疹』の症状がある時には刺激になることが多いので、塩化ビニールの手袋かゴム手袋をするようにします。その場合、ハンドクリームや保湿剤を塗って、木綿の手袋をはめた上からします。
洗濯物を干すときや、拭き掃除をする時も、常に二重に手袋をするなど、手や指に摩擦を起こさないようにして、作業するようにしましょう。

保湿剤は薬局・薬店で手に入れることができます。尿素やヘパリン類似物質は、保湿にすぐれています。
また、症状が強い部分にはステロイド外用剤(市販)を使うのも良いでしょう。
保湿剤は一日に何度も使うことができますが、ステロイド外用剤は使用上の注意を守りましょう。

これらのケアは簡単なようですが、忙しかったりすると、つい面倒になったり、忘れてしまいがちです。
ですが、『手湿疹』のケアを習慣にすることは、『手湿疹』の状態を悪化させないために、とても必要なことなのです。

『手湿疹』の原因は、ハッキリと特定されていないため、治療が困難になっているのが現実です。
ですが、『手湿疹』には、なりやすい環境や状況というものがあり、それらが大きく影響していると考えられています。

『手湿疹』の原因とされる環境や状況には、大きく 3つ あります。それらの内容をまとめてみましょう。

1) 手湿疹になりやすい環境
『手湿疹』に悩む人の多くは“水を扱うことが多い環境”、という共通点があります。
例えば、美容師や理容師・調理師など、常に水や洗剤を使う仕事をしている方などは、職業柄、『手湿疹』になりやすいと、言えるようです。『手湿疹』は、水仕事をする人の職業病と言えるかもしれません。

2) 日用品による影響
普段から食器洗いや洗濯などで、洗剤を使う頻度が多い場合、その洗剤が、『手湿疹』の症状を引き起こす、要因となる場合があります。
日用品が影響するのは、洗剤だけでなく、ゴム製品や紙、布などのによっても、手や指先の水分・皮脂が奪われることがあり、『手湿疹』の原因となることがあります。
これらは、毎日使用することで、日用品に含まれている合成化学物質が、微量ながらも体内に蓄積されていきます。
そしてある日突然、『手湿疹』の症状をあらわすのだと言われています。

このような状況は主婦に多く、『手湿疹』が別名、“主婦湿疹”と呼ばれているのも納得できます。

3) 体質からくるもの
もともと皮膚が乾燥しやすい“乾燥肌”や“アトピー体質”の方などは、『手湿疹』がでやすいようなので、配慮が必要です。
“乾燥肌”や“アトピー体質”の方は、普通の方と比べると皮膚のバリア機能が弱いことが多く、外からの刺激による影響を受けやすいのです。そのため、『手湿疹』の症状も出やすいのだと言われています。
他にも、“ストレス”や、“睡眠不足”も影響すると言われています。

『手湿疹』の代表的な原因として、一般的に言われているのは以上のような、状況や環境についてだけで、はっきりとした原因は特定されていません。

ですから、誰でも『手湿疹』になる要素は持っていますし、症状には個人差もあるということを忘れてはいけません。

『手湿疹』など手荒れの悩みをもっている女性たちは、とても多いですね。
そんな女性たちの中で今、一番人気があるのが「アベンヌ」です。

「アベンヌ」は、フランスのピエールファーブル社の商品で、資生堂との合併会社である「株式会社ピエールファーブルジャポン」が輸入販売しています。
「アベンヌ」は、肌に良いミネラルバランスを持つ南フランスのアベンヌ温泉水を使い、皮膚科学研究から、スキンケアシリーズを創りました。
アベンヌ温泉水のミネラルバランスが、肌のバリア機能や潤いを整えるのに非常に効果があるそうです。

特に『手湿疹』で悩む方には、「アベンヌ」の全身ケア商品をおススメします。
乾燥性敏感肌の全身用保湿クリーム・乾燥の気になるところにコールドクリーム・『手湿疹』などの荒れた手指に薬用ハンドクリームの、3種類があります。

中でも「アベンヌ薬用ハンドクリーム」は、@cosme のベストコスメ大賞で殿堂入りをはたすなど、『手湿疹』の女性に大変人気のスキンケア商品です。

「アベンヌ薬用ハンドクリーム」は、使い心地がよく、べたつきません。ですが、内側はしっとり潤うハンドクリームです。
その秘密は、アベンヌ温泉水とミツロウ、ミネラルオイルからなる、コールドクリーム成分にあります。
アベンヌ温泉水とミツロウ・ミネラルオイルが、『手湿疹』で荒れた肌表面に潤いの膜を作り、肌の水分蒸発を防ぎ刺激から守ります。

「アベンヌ薬用ハンドクリーム」は、無香料、無着色でバッチテスト済みです。荒れた手肌にも刺激の少ないクリームに仕上げられていますから、『手湿疹』で肌の状態が弱まっているデリケートな状態の肌でも安心です。
ベタつきは少ないのに肌がしっとりする状態を長時間保つことができ、使うほどに荒れにくい手肌にしていきますから、「アベンヌ薬用ハンドクリーム」は、日中の『手湿疹』ケアには、ピッタリのハンドクリームでしょう。

また、ひどい手荒れになりやすい、美容師や調理師などの職業の人たちにも、「アベンヌ薬用ハンドクリーム」は人気です。

自然から出来上がったバランスの良い温泉水を使って効果のある商品で、顔から、全身までのお手入れができるのが、「アベンヌ」の人気なのでしょう。

『手湿疹』が悪化して出血を伴うようなひび割れには、「ヒビケア軟膏」をオススメします。

出血を伴うようなひび割れになると、家事はもちろん、お風呂で体を洗ったり、手を動かすのも嫌になってしまいます。
このような『手湿疹』の悪化による、辛いひび割れは、早く治したいものです。

「ヒビケア軟膏」は、『手湿疹』の悪化によって「パックリ」という感じで、割れてしまうひび割れに適した治療薬で、池田模範堂から発売されています。価格は15g 1,470円・ 35g 2,205円です。

池田模範堂の「ヒビケア軟膏」に配合されている、“アラントライン”“パンテノール”という2つの成分が、『手湿疹』で「パックリ」割れたひび割れを、しっかり治してくれるのです。
“アラントライン”は、ひび割れた皮膚組織を修復させ、“パンテノール”は、肌細胞を元気にさせ、修復を助けます。

特に“パンテノール”は、ビタミンB 群のひとつである水溶性ビタミンで、おもに、保湿・抗炎症・組織修復を促進・皮膚を滑らかにする、という、4つの作用があります。「ヒビケア軟膏」は浸透しやすく、保湿効果もあるので、肌そのものの修復力を高め、肌の回復を早めるので、『手湿疹』の悪化で繰り返し「パックリ」割れてしまうひび割れの治療薬に最適なのです。

また「ヒビケア軟膏」には、l-メントール・サリチル酸メチル・尿素など、傷口にしみてしまう成分やステロイド成分が含まれていないので、『手湿疹』の手指には嬉しいところです。
さらに、無臭性で、べたつかないので、「ヒビケア軟膏」を塗っていることが気になりません。
ですから、家事や仕事の合間でも気づいた時にいつでも使うことができます。

他にも、血行促進成分・保湿成分・かゆみを抑える成分などが「ヒビケア軟膏」には、含まれているので、『手湿疹』による、皮膚のカサカサ・かゆみを緩和しながら、ひび割れた患部や手指全体を正常な肌に近づけていきます。

家事や仕事で忙しいのに、『手湿疹』で、「パックリ」ひび割れて辛くてたまらない、という方はぜひ、池田模範堂の「ヒビケア軟膏」を試してみてください。

“ビオチン”という成分をご存知でしょうか。
“ビオチン”はビタミンH とも呼ばれる、ビタミンB 群の一種で、皮膚炎を治すビタミンとして発見されました。

“ビオチン”は、ある女優さんが「掌蹠膿胞症(しょうせきのうほうしょう)」になった時に、その治療に用いられたことで、注目を浴びたビタミンです。
ビタミンC と比べると、知名度も低いのですが、皮膚疾患の治療薬などの医療用として、“ビオチン”は、古くから利用されてきています。

では、この“ビオチン”は、一体どんな働きをするのでしょう。

・炎症の元となる、ヒスタミンを体外に排出する作用
・皮膚の再生能力を高め、皮膚の機能を正常に保つ効能
・糖の代謝を促進するため、血糖値の維持・筋肉痛や疲労感の緩和
・アミノ酸の代謝・脱毛予防   など、色々な働きをしてくれるのです。

『手湿疹』で悩む方にも、期待が持てる働きですね。

中でも、ヒスタミンを体外に排出し、皮膚の再生能力を高めることから、アトピー性皮膚炎や『手湿疹』の改善にも期待がもたれています。
近年の調査で、アトピー性皮膚炎の方のほとんどが、血中の“ビオチン”濃度が、通常の人よりも低いという結果もでています。

体内で“ビオチン”が不足すると、ヒスタミンが排出できなくなり、皮膚成分のコラーゲンが作れなくなるため、免疫機能が低下して、皮膚の構造や機能を正常に保てなくなります。
“ビオチン”は皮膚機能を正常に保つためには、とても重要なビタミンなのです。

ですから、最近では、アトピー性皮膚炎の治療に、“ビオチン”が用いられるようになり、また、『手湿疹』の治療でも“ビオチン”が処方されることがあるようです。

“ビオチン”の“炎症の元となる、ヒスタミンを体外に排出する作用”により、『手湿疹』やアトピー性皮膚炎の原因となるアレルギー物質を体外へ排出することで、症状を緩和させ、『手湿疹』で機能が低下している手肌を回復させる効果が期待できます。

『手湿疹』の治療が長引いてしまっている場合、もしかしたら“ビオチン”が不足しているのかもしれません。
『手湿疹』に悩む方のブログでも、“ビオチン”の効果によって、症状が改善されている方が、たくさんいらっしゃいます。

また、“ビオチン”は水溶性ビタミンなので、過剰に摂取しても、すぐに排泄されてしまうので問題はありません。
ですから、『手湿疹』に悩む妊娠中・授乳中の方でも安心して摂ることができるビタミンです。

“ビオチン”はレバー、魚介類、豆類、卵黄、野菜、果物等に多く含まれていて、熱に強い性質のビタミンです。

『手湿疹』のように敏感な肌の方でも、「アルテナチュラル」なら、安心して使っていただけるでしょう。

「アルテナチュラル」は“よもぎ健康法研究会”が手がけるスキンケア商品で、ヨモギを使った商品です。
日本でも昔からヨモギは、お灸のもぐさ、草もち、お茶などとして、とても親しまれてきました。

ヨモギは殺菌、保湿効果があり、薬草としても使用されるものです。
また、漢方にも使われていて、『手湿疹』のような手荒れ、貧血、冷え性など多くの女性が抱える悩みを、緩和してくれる効果が期待できるものです。

この「アルテナチュラル」は、ヨモギのなかでも薬効が高い国産カワラヨモギのエキス(インチンコウ)を配合しています。
さらに、天然の保水成分ヒアルロン酸Naと天然生薬の丁子(ちょうじ)エキスが配合されています。

これらのエキスには、カビなどを強力に抑制する成分・高い保水力・抗菌作用などが含まれています。
無香料で、ステロイドも使われていないので、赤ちゃんから大人まで、デリケートな肌に安心して使える全身用万能クリームです。

ですから、『手湿疹』のような手荒れの症状やアトピー性皮膚炎の症状である、炎症やかゆみを有効的に鎮めてくれるのです。
また、「アルテナチュラル」は、ステロイドを含んでいませんので、薬によるリバウンドの心配もありません。

「アルテナチュラル」は、『手湿疹』だけでなく、虫刺されややけど、赤ちゃんのおむつかぶれや水いぼ、にきびなどにも効果があります。
「アルテナチュラル」1本あれば、保湿効果・乾燥肌のトラブル・かみそりまけも防いでくれます。『手湿疹』だけでなく、さまざまな用途に使用できますから、家庭の万能クリームとしてもお使いいただけます。

「アルテナチュラル」には、たっぷりお徳用タイプ(100g) 3,360円・旅行に便利な携帯サイズ(25g) 1,050円・お試し用ミニサイズ(5g) 210円の3つのサイズがありますから、外出先での『手湿疹』のケアには携帯サイズ(25g)、『手湿疹』に悩むお友達に教えてあげる時にはお試し用ミニサイズ(5g)といった具合に、使い方に合わせて選ぶことができます。

このアーカイブについて

このページには、過去に書かれたブログ記事のうち手湿疹の原因・治療カテゴリに属しているものが含まれています。

次のカテゴリは手湿疹のもろもろです。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2