スポンサードリンク


『手湿疹』とは、どのようなものでしょう

秋から冬にかけて、空気が乾燥してくると、手が荒れやすくなりますね。
あなたも、手荒れの経験はあるでしょう。

でも、その手荒れ、もしかしたらただの手荒れではなく、『手湿疹』かもしれません。

『手湿疹』と言う言葉は、聞いたことあるでしょうか。
『手湿疹』は、手や指に触れるものの刺激(洗剤など)で皮膚炎を起こしたり、アレルギーによって炎症を起こすもので、手荒れに似た皮膚のトラブルです。
女性に多く見られることから、別名『主婦湿疹』とも呼ばれています。

普通手荒れの症状といえば、手が乾燥してガサガサになったり、あかぎれ、しもやけ、ひび割れなどを起こすもので、家事などで水仕事をすることの多い主婦の方や、職業柄、水作業が多い方などに多く見られます。
『手湿疹』の症状も、これらと似ているため、ただの手荒れと勘違いしてしまう方も多いようです。

ただの手荒れは、空気が乾燥している秋から冬の時期にあらわれることが多いものです。
また、掃除などで使った洗剤が強かったり、体質的に合わなかった場合などにもあらわれますが、ただの手荒れならば、数日から数週間で完治する場合がほとんどです。

ですが、『手湿疹』の場合、手や指のトラブルが1年中、同じ症状を繰り返したり、完治する気配が見られないのが特徴です。
また、手荒れと違う症状としては、小さい水泡や湿疹、手指の腫れや痛み・強いかゆみなどの症状があります。
その後、腫れや痛み・かゆみ・といった『手湿疹』の症状がでた部分は、やがて乾燥して皮膚がめくりあがります。
そして、その乾燥が続くことで、皮が剥け、ひび割れを起こし痛みや出血をともないます。


ですから、アトピー性皮膚炎など、もともとアレルギーを持っている方は、腕や足、顔などの状態はいいのに、手だけにトラブルがあらわれた場合、ただの手荒や、アトピーの症状だろうと軽く考えずに、手や指に現れるトラブルをよく観察しましょう。
『手湿疹』であるということも考えられます。

最近では、どのような状態が『手湿疹』なのか、『手湿疹』についてわかりやすく説明している市販薬のCMも多くなりました。
今のあなたの手指の荒れが、『手湿疹』と同じ状態かどうかを確かめて、早めに適切な処置を行うようにしましょう。

このブログ記事について

このページは、Yosakuが2009年11月 1日 05:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『手湿疹』の必需品 “手袋”」です。

次のブログ記事は「『手湿疹』になりやすいタイプと時期」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2