スポンサードリンク


『手湿疹』になりやすいタイプと時期

『手湿疹』には、水仕事が多い人がなりやすいと一般的に言われています。
例えば、理容師や美容師、調理師などは、以前から職業病とも言われていましたが、最近では主婦の方にも『手湿疹』の症状が、多く見られるようになりました。

主婦の仕事というのも、1日中家事などで洗剤の刺激を受けることが多く、その時に使用している洗剤には、皮膚の水分や油分を奪う原因となる物質が含まれている物がほとんどです。

具体的に言うと、食器用の洗剤や洗濯石鹸には、界面活性剤、香料、色素、殺菌剤、蛍光漂白剤などが含まれていて、これらの化学物質は、皮膚の水分や油分を奪い、乾燥によって荒れた手指にさらに刺激を与えます。

そして、合成界面活性剤や化学物質を含んだ洗剤を使い続けることは、『手湿疹』の炎症を悪化させる原因にもなってしまうのです。

このように、『手湿疹』には、なりやすいタイプがあります。さらに、『手湿疹』になりやすい時期というのもあるのです。
それは、秋から冬にかけて気温の低下とともに、乾燥が強まる時期です。
乾燥は喉を痛めるといわれますが、肌にもかなりのダメージがきます。

この時期は、乾燥している状態が続き、冷たい空気という、外部からの刺激を受けやすい状態になります。
場合によっては暖房をいれるところもあるでしょう。そうなるとさらに乾燥が強くなります。
ですから、この時期になると普段から保湿に気をつけている人でも、『手湿疹』が悪化してしまうことが多いようです。

近頃、手指の乾燥が気になる方、日頃から水を使う作業が多い方などは、今は『手湿疹』の症状がないとしても、いつか症状が現れる可能性はあります。
現在でもハッキリとした原因が分からない『手湿疹』ですが、『手湿疹』になりやすいタイプや時期があることは、確かです。
ですから、手を使う機会が多い方は日頃から、手のケアをしっかり行って、乾燥が強まる時期にトラブルのない状態を保つようにしましょう。

このブログ記事について

このページは、Yosakuが2009年11月 2日 08:38に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『手湿疹』とは、どのようなものでしょう」です。

次のブログ記事は「『手湿疹』の症状について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2