スポンサードリンク


『手湿疹』とホルモンの深い関係

『手湿疹』の症状と、ホルモンバランスには、深い関係があることをご存じでしょうか。

私たちの皮膚は、性ホルモンの影響を受けていて、ホルモンのバランスや分泌量によっても皮膚の状態は変化します。
特に女性の場合は、生理の周期によってホルモンのバランスが変化し、肌の状態も変化します。

「生理が近くなると、肌荒れがひどくなる。」とか、「生理の前後では、お化粧のノリが違う。」なんて経験あるでしょう。
これらは、ホルモンの影響で肌の状態が変化しているからなのです。

『手湿疹』も、皮膚の病気ですから、同じケアをしているのに効果が無かったり、生理前になると、『手湿疹』の症状が悪化したりするのは、ホルモンバランスが影響しているといえるでしょう。


女性ホルモンには、“黄体ホルモン(プロゲステロン)”と“卵胞ホルモン(エストロゲン)”の2種類があります。
“卵胞ホルモン(エストロゲン)”の分泌が多い時は、余分な皮脂の分泌が抑えられるので、肌が潤い正常な状態を保つようになります。

一方、“黄体ホルモン(プロゲステロン)”が多く分泌している時は、皮脂の分泌が増えるので、ニキビやくすみなどの、肌のトラブルが起きやすい状態になります。


例えば、排卵後から生理前の頃は、“黄体ホルモン(プロゲステロン)”の分泌量が一番増える時期になります。
そのため、皮脂の分泌も活発になり、肌がべたついたり、ニキビができたりして、肌の状態もよくありません。
また、この時期は、肌だけでなく、体調や精神状態も不安定になりやすく、手湿疹が悪化するというケースも多く見られます。

生理中は、2つのホルモンどちらも、分泌量が減るので、乾燥気味になります。ですから、しっかり保湿する必要があります。

生理がはじまってから次の排卵を迎えるまでは、“卵胞ホルモン(エストロゲン)”の分泌が増えてくるので、ホルモンのバランスが安定していきます。肌の状態も安定してくるので、『手湿疹』の症状も次第に治まっていくのです。

このことから、『手湿疹』の状態も変化するということになります。
逆に言うと、『手湿疹』の状態が悪くなってくると、生理が近いともいえるのです。

このような、ホルモンによる肌の状態を考慮することも、『手湿疹』に悩む女性の場合には、大切なことです。
自分の生理の周期をしっかり把握して、ホルモンバランスに合わせて『手湿疹』のケアも変化させることで、『手湿疹』が悪化することも減らすことができるでしょう。

このブログ記事について

このページは、Yosakuが2009年11月 9日 13:04に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『手湿疹』のあらわれ方とは」です。

次のブログ記事は「『手湿疹』とステロイドの関係について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2