スポンサードリンク


『手湿疹』とステロイドの関係について

『手湿疹』を皮膚科で治療する場合、基本的には“ステロイド(副腎皮質ホルモン)”を含んだ軟膏が使われます。
“ステロイド(副腎皮質ホルモン)”は、使用法を守り、正しく使用すれば、高い効果が期待できるものです。
ですが、“ステロイド(副腎皮質ホルモン)”に対して、あまり良いイメージを持っていない方も多いようなので、簡単に“ステロイド(副腎皮質ホルモン)”について、説明しましょう。

“ステロイド(副腎皮質ホルモン)”を、治療に用いる代表的なものにアトピー性皮膚炎があります。
他にはとびひの治療などにも用いられます。
『手湿疹』をはじめ、アトピー性皮膚炎やとびひなどは、かゆみをともなう炎症があり、その炎症を抑えるために用いられる軟膏です。

“ステロイド(副腎皮質ホルモン)”が含まれる軟膏には、効き目の強さによって、強~弱まで5段階のランクがあります。
症状や炎症の度合・炎症を起こしている場所や年齢に合わせて処方されます。
症状が軽くなると“ステロイド(副腎皮質ホルモン)”のランクも低いものに切り替えられます。

“ステロイド(副腎皮質ホルモン)”は、炎症を抑える効果が高いため、一般的によく使用される外用薬です。
ですが、副作用があることも確かな事実なのです。“ステロイド(副腎皮質ホルモン)”の代表的な副作用としては、肌の色が変色する・皮膚が薄くなり、弱くなってしまうことで刺激に敏感になる・またそれに伴い細菌やウイルスに感染しやすくなるなどの症状が挙げられます。

また、顔に使用した場合の副作用では、赤ら顔になったり、ニキビなどができやすくなるようです。
ですから、効き目の強い“ステロイド(副腎皮質ホルモン)”を長期に使い続けたり、一度にたくさん塗ったりすることのないよう、医師の指導に従って、正しく使うことが必要になります。

“ステロイド(副腎皮質ホルモン)”は、『手湿疹』の症状に合ったランクのものを使用することで、私たち人間が持っている副腎皮質ステロイドホルモンを補い、『手湿疹』やその他の炎症やアレルギー反応を改善していくので、短期間での改善が期待できます。ですから治療には“ステロイド(副腎皮質ホルモン)”が用いられるのです。


しかし、前述にもあるように、間違った使い方では副作用が出る可能性もありますから、“ステロイド(副腎皮質ホルモン)”を使用して、『手湿疹』の治療する場合は、医師の指示にきちんと従い、自分の判断で使用することは、絶対に避けましょう。

このブログ記事について

このページは、Yosakuが2009年11月11日 09:48に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『手湿疹』とホルモンの深い関係」です。

次のブログ記事は「『手湿疹」と“アトピー性皮膚炎”の関係」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2