スポンサードリンク


『手湿疹』とハンドクリームについて

『手湿疹』を悪化させないようにするには、保湿をすることが大切です。
乾燥を防ぐためにハンドクリームを使用して、保湿する方が多いと思いますが、ハンドクリームの成分によっては、『手湿疹』を悪化させてしまうこともあります。

ハンドクリームの中には、アレルギー性皮膚炎の原因とも言われる“界面活性剤”が含まれているものがあるので、注意したほうがいいでしょう。

“界面活性剤”といえば、そうです、洗剤に含まれている成分と同じものです。
洗剤を使用した時に悪化する傾向がある『手湿疹』の悪化を防ぐために、手袋をして水や洗剤の刺激を防いでいるのに、手を守るため、保湿のために使用しているハンドクリームに、洗剤に含まれている成分と同じ“界面活性剤”が含まれていたら、ケアをする意味がありません。
ですから、ハンドクリームに含まれている成分にも注意しましょう。
また、“界面活性剤”だけでなく“安定剤”などの化学物質が含まれているハンドクリームもありますので、注意が必要です。

この“界面活性剤”とは、どんなものかと言うと、“水と油の両方と仲良くなれる成分で、両方を連れて行ってしまう成分”です。
特に石油から作られた、「界面活性剤」のこと“合成界面活性剤”といい、これを使った洗剤を合成洗剤といいます。
この、“合成界面活性剤”は、人の皮膚にもしみ込みやすく、皮膚の奥の脂まで取ってしまうのです。そしてかぶれの原因にもなります。

『手湿疹』の肌はバリア機能が低下していて非常にデリケートな状態になっていますから、保湿をするハンドクリームも化学物質が含まれていないものを使いたいですね。


『手湿疹』の状態や使用目的、使用感など、求めるハンドクリームのタイプは人それぞれですが、
“界面活性剤”をはじめとして化学物質を含まない、ナチュラルなハンドクリームを選ぶことが、『手湿疹』の悪化を防ぎます。

ですから、ハンドクリームを選ぶ時には、「無添加」であることを、心がけるようにしましょう。
また、『手湿疹』専用のハンドクリームも多くでています。
普通のハンドクリームと比べると、少し高値ですが、保湿と症状の改善もできますので、オススメです。

このブログ記事について

このページは、Yosakuが2009年11月14日 12:58に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『手湿疹」と“アトピー性皮膚炎”の関係」です。

次のブログ記事は「『手湿疹』と飲酒の関係とは」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2