スポンサードリンク


『手湿疹』と飲酒の関係とは

『手湿疹』を悪化させないためには、“刺激を与えないようにすること”と、“保湿ケアをしっかりすること”が大切です。
ですが、疲れていて、手指のケアを怠ってしまうこともあるでしょう。
また、寝ている間に手を引っ掻いて傷を作ってしまったり、『手湿疹』の手肌には刺激の強い洗剤などを、うっかり使ってしまったなど、『手湿疹』を悪化させる刺激は日常生活の中では、数えきれない程あります。

しかし、『手湿疹』を悪化させる原因は、こういった外部からの刺激だけではないのです。
『手湿疹』を悪化させる原因は、食べ物やストレスなど、体の内部からの刺激による可能性もあるのです。

体の内部から刺激してくる原因として、代表的なのは“飲酒”です。
私たちの体は適度のアルコールを摂取をすると、一時的に血行が良くなり、新陳代謝が向上します。それによって、体がほてってきます。
お酒を飲んだときに体がポカポカしてくる・汗をかくなど、経験したことありませんか。
特に肌が乾燥している時は、体が温まると、かゆみが出やすくなります。

『手湿疹』に悩むすべての人に当てはまる内容ではありませんが、飲酒によって、体にあらわれる汗や皮膚のほてり感が刺激となり、『手湿疹』のかゆみを強くすることがあるのです。

同じように、香辛料や辛い食べ物を摂ったときも、汗をかいたり、体がほてって、かゆみを強くしてしまうことがあるので注意しましょう。

汗をかいたり、体がほてったりして、かゆみが強くなると、どうしてもこすりたくなってしまいます。
こすったり引っ掻いたりすることで、傷を作ってしまったり、さらにかゆみが増してしまったりします。


『手湿疹』に悩む方で、お酒を飲むと、かゆみが続くとか、かゆみが強くなるといったことはありませんか。
もしも、思い当たる事があるならば、そのかゆみの原因は“飲酒”かもしれません。
だからと言って、禁酒は無理なことかもしれませんから、1回に飲むお酒の量を抑えたり、“飲酒”の回数を減らすなど、出来る範囲で努力していきましょう。


また、肌の状態というのは、精神的な部分の影響も受けやすいので、疲れやストレスがたまっていたりすると、かゆみが出やすくなると言われています。ですから、疲れやストレスを溜めないように、上手く付き合いながらゆったりした生活を心がけるようにしましょう。

『手湿疹』は“飲酒”や“ストレス”といった、体の中からの刺激によっても、悪化してしまうということがあるのです。

このブログ記事について

このページは、Yosakuが2009年11月16日 14:36に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『手湿疹』とハンドクリームについて」です。

次のブログ記事は「『手湿疹』に安心なシャンプーと危険なシャンプー」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2