スポンサードリンク


『手湿疹』の保湿には“ワセリン”がお勧め

『手湿疹』によって荒れた手指の保湿には、どのような保湿剤が良いのでしょう。

『手湿疹』には、安全性の非常に高い“ワセリン”がおススメです。
“ワセリン”は、石油などの地下資源に由来していて、”鉱物油”と呼ばれていますが、もともと植物や動物だったものが、長い年月をかけて地中で変化したものです。その油から、炭化水素類を脱色し、精製したものです。
においや味はなく、口内炎の治療や目の治療に使用する軟膏の基剤としても使用されています。

口や目の治療に使うものの基剤になっているのですから、安全なものだということがわかるでしょう。
“ワセリン”は単独で使うこともありますが、多くは軟膏を薄めるために混ぜて使用します。
ですから、皮膚科で『手湿疹』の治療を受けると、ステロイド剤を“ワセリン”で薄めたものが処方されることがあります。

また、“ワセリン”は“スクワラン”と同じ炭化水素の仲間で、人間の皮脂にも少量含まれているものですから、『手湿疹』の症状で悩んでいる方にも安心して使えるものなのです。

薬局やドラッグストアなどでは、「白色ワセリン」という名称で販売されています。

「白色ワセリン」の“白色”とは、純度を示すもので、“ワセリン”の中でちょうど中間の純度のものが「白色ワセリン」となります。
そして、純度が高くなるほど“ワセリン”は柔らかくなるため、一番使いやすい柔らかさなのも、「白色ワセリン」ということになります。
口や目に入っても安全なものですから、赤ちゃんからお年寄りまで使うことができ、『手湿疹』の保湿にも十分な効果があるのです。

ですが、「白色ワセリン」には保湿効果のある成分は含まれていないのです。

では、なぜ保湿効果があるといわれているのでしょう。

それは、「白色ワセリン」には、油分が多く、水分透過率が最も小さいという特徴があるからです。
ですから、「白色ワセリン」を塗ることで、『手湿疹』によって乾燥し荒れた皮膚の表面に幕ができ、細かくひび割れた表皮からの水分の蒸発を防ぎ、外からのアレルゲンや異物の侵入を防ぐのです。

しかし、“ワセリン”は油分が多く、使用した後のベタつきを気にする方も多いようです。
なので、“ワセリン”は就寝前に使う事をオススメします。

就寝前に『手湿疹』のケアをする時に、“ワセリン”をたっぷり塗って保湿し、綿の手袋をしておやすみください。
翌朝、『手湿疹』によって荒れた手肌が、かなりしっとりしている事を実感できますよ。

このブログ記事について

このページは、Yosakuが2009年11月30日 12:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『手湿疹』の漢方治療について」です。

次のブログ記事は「『手湿疹』は就寝時のケアも大切 保湿剤はたっぷりと」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2