スポンサードリンク


『手湿疹』になったら“バッチテスト”で原因を見つけましょう。

『手湿疹』の治療を皮膚科で受けているのに、なかなか『手湿疹』の症状が改善されない場合、“バッチテスト”を行うことがあります。
“バッチテスト”とは、かぶれの原因物質を調べる方法で、『手湿疹』の症状を悪化させている原因が、普段使用している洗剤やスキンケア用品にないかどうかを確認するためです。

『手湿疹』の症状がある方の中には、アトピーの要素を持っていることが多いことや、アトピーからくる皮膚炎が『手湿疹』として残ってしまうことがあるからです。スキンケア用品の中には肌に効果的な成分であっても、季節や体調、人によってはかぶれや湿疹などのトラブルを引き起こす場合があります。そのため、“パッチテスト”で、隠れた原因を探し出すのです。

“パッチテスト”は、接触皮膚炎の原因をはっきりさせる最も適切で安全な方法です。

では、“バッチテスト”というのは、どういうものなのでしょう。
“バッチテスト”とは、「皮膚誘発テスト」といって、『手湿疹』のように、かぶれや湿疹などの原因を明確にするためのテストです。
かぶれの原因になる可能性がある物質を染み込ませた、“パッチテスト専用シール”を、二の腕や背中などに24~72時間貼ったままにしておき、その後皮膚の反応を見ます。シールを貼ったところが赤くなったり、水泡ができるなどのアレルギー反応が出た場合、その物質が『手湿疹』の原因である可能性があるということです。

『手湿疹』で“バッチテスト”を用いるのは、普段使用しているスキンケア用品、洗剤類、ボディー用の石鹸など、肌に直接触れるものに対してアレルギーがないかを確かめるためです。

普段使用している洗剤やスキンケア用品で、“バッチテスト”を行い、原因がハッキリしたら、アレルギー物質の含まれていないものに替えてみましょう。それだけでも、『手湿疹』の症状が落ち着いてくることがあります。

皮膚科で『手湿疹』を治療中の方で、なかなか症状の改善が見られない方、まだ“バッチテスト”をされていない方は、一度主治医に相談してみるのもいいでしょう。

今まで使っていたのと違う、スキンケア用品や化粧品を購入する時も、保存料や安定剤の入っているものは注意しますが、自然素材でも合う合わないはあるので、見本品をバンドエイドなどに染み込ませて、“パッチテスト”をしてから購入すると良いでしょう。

このブログ記事について

このページは、Yosakuが2009年12月 5日 08:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『手湿疹』は就寝時のケアも大切 保湿剤はたっぷりと」です。

次のブログ記事は「『手湿疹』の治療薬 「メンソレータム メディクイック」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2