スポンサードリンク


『手湿疹』に“ビオチン”を試してみよう

“ビオチン”という成分をご存知でしょうか。
“ビオチン”はビタミンH とも呼ばれる、ビタミンB 群の一種で、皮膚炎を治すビタミンとして発見されました。

“ビオチン”は、ある女優さんが「掌蹠膿胞症(しょうせきのうほうしょう)」になった時に、その治療に用いられたことで、注目を浴びたビタミンです。
ビタミンC と比べると、知名度も低いのですが、皮膚疾患の治療薬などの医療用として、“ビオチン”は、古くから利用されてきています。

では、この“ビオチン”は、一体どんな働きをするのでしょう。

・炎症の元となる、ヒスタミンを体外に排出する作用
・皮膚の再生能力を高め、皮膚の機能を正常に保つ効能
・糖の代謝を促進するため、血糖値の維持・筋肉痛や疲労感の緩和
・アミノ酸の代謝・脱毛予防   など、色々な働きをしてくれるのです。

『手湿疹』で悩む方にも、期待が持てる働きですね。

中でも、ヒスタミンを体外に排出し、皮膚の再生能力を高めることから、アトピー性皮膚炎や『手湿疹』の改善にも期待がもたれています。
近年の調査で、アトピー性皮膚炎の方のほとんどが、血中の“ビオチン”濃度が、通常の人よりも低いという結果もでています。

体内で“ビオチン”が不足すると、ヒスタミンが排出できなくなり、皮膚成分のコラーゲンが作れなくなるため、免疫機能が低下して、皮膚の構造や機能を正常に保てなくなります。
“ビオチン”は皮膚機能を正常に保つためには、とても重要なビタミンなのです。

ですから、最近では、アトピー性皮膚炎の治療に、“ビオチン”が用いられるようになり、また、『手湿疹』の治療でも“ビオチン”が処方されることがあるようです。

“ビオチン”の“炎症の元となる、ヒスタミンを体外に排出する作用”により、『手湿疹』やアトピー性皮膚炎の原因となるアレルギー物質を体外へ排出することで、症状を緩和させ、『手湿疹』で機能が低下している手肌を回復させる効果が期待できます。

『手湿疹』の治療が長引いてしまっている場合、もしかしたら“ビオチン”が不足しているのかもしれません。
『手湿疹』に悩む方のブログでも、“ビオチン”の効果によって、症状が改善されている方が、たくさんいらっしゃいます。

また、“ビオチン”は水溶性ビタミンなので、過剰に摂取しても、すぐに排泄されてしまうので問題はありません。
ですから、『手湿疹』に悩む妊娠中・授乳中の方でも安心して摂ることができるビタミンです。

“ビオチン”はレバー、魚介類、豆類、卵黄、野菜、果物等に多く含まれていて、熱に強い性質のビタミンです。

このブログ記事について

このページは、Yosakuが2009年12月11日 01:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『手湿疹』にヨモギから作られた「アルテナチュラル」」です。

次のブログ記事は「『手湿疹』の治療には「ヒビケア軟膏」がピッタリ」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2