スポンサードリンク


『手湿疹』の治療には「ヒビケア軟膏」がピッタリ

『手湿疹』が悪化して出血を伴うようなひび割れには、「ヒビケア軟膏」をオススメします。

出血を伴うようなひび割れになると、家事はもちろん、お風呂で体を洗ったり、手を動かすのも嫌になってしまいます。
このような『手湿疹』の悪化による、辛いひび割れは、早く治したいものです。

「ヒビケア軟膏」は、『手湿疹』の悪化によって「パックリ」という感じで、割れてしまうひび割れに適した治療薬で、池田模範堂から発売されています。価格は15g 1,470円・ 35g 2,205円です。

池田模範堂の「ヒビケア軟膏」に配合されている、“アラントライン”“パンテノール”という2つの成分が、『手湿疹』で「パックリ」割れたひび割れを、しっかり治してくれるのです。
“アラントライン”は、ひび割れた皮膚組織を修復させ、“パンテノール”は、肌細胞を元気にさせ、修復を助けます。

特に“パンテノール”は、ビタミンB 群のひとつである水溶性ビタミンで、おもに、保湿・抗炎症・組織修復を促進・皮膚を滑らかにする、という、4つの作用があります。「ヒビケア軟膏」は浸透しやすく、保湿効果もあるので、肌そのものの修復力を高め、肌の回復を早めるので、『手湿疹』の悪化で繰り返し「パックリ」割れてしまうひび割れの治療薬に最適なのです。

また「ヒビケア軟膏」には、l-メントール・サリチル酸メチル・尿素など、傷口にしみてしまう成分やステロイド成分が含まれていないので、『手湿疹』の手指には嬉しいところです。
さらに、無臭性で、べたつかないので、「ヒビケア軟膏」を塗っていることが気になりません。
ですから、家事や仕事の合間でも気づいた時にいつでも使うことができます。

他にも、血行促進成分・保湿成分・かゆみを抑える成分などが「ヒビケア軟膏」には、含まれているので、『手湿疹』による、皮膚のカサカサ・かゆみを緩和しながら、ひび割れた患部や手指全体を正常な肌に近づけていきます。

家事や仕事で忙しいのに、『手湿疹』で、「パックリ」ひび割れて辛くてたまらない、という方はぜひ、池田模範堂の「ヒビケア軟膏」を試してみてください。

このブログ記事について

このページは、Yosakuが2009年12月12日 17:49に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『手湿疹』に“ビオチン”を試してみよう」です。

次のブログ記事は「『手湿疹』で悩むの人に大人気の「アベンヌ」」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2