スポンサードリンク


『手湿疹』のケアについて

『手湿疹』は、手や指を守る役割のバリア機能が弱くなったために、起こると言われています。
つまり、『手湿疹』ができている手指は、とてもデリケートな状態にあるというわけです。
ただでさえ、手は外部からの刺激を常に受けてしまう場所であるうえに、『手湿疹』になっていると、“物をつまむ”という普通のことでさえ、かなり大きな刺激となります。ですから、日常的に行うことでも、注意が必要になります。
では、『手湿疹』になった場合、具体的にはどのようなことに気をつけたらいいのでしょう。

まず『手湿疹』の症状が出ている手や指は、水分や皮脂が足りない状態で、乾燥しています。ですから、最も大切なことは“保湿”です。ハンドクリームなどで荒れた手指を覆うことで、外部からの刺激を緩和します。
そして、木綿の手袋をして、しっかりと保湿することで、肌のバリア機能が低下している手や指を乾燥から守りましょう。


手を洗う時も、『手湿疹』によって、摩擦に対して非常に弱い状態になっていますから、できれば、石鹸やハンドソープも刺激の少ないものに変えて、強くこすることは避けた方がいいでしょう。
また、注意したいのが、お湯を使って洗顔や手洗いをする機会が増えまる冬場です。
お湯は温かいし、よく泡立つし、汚れも落ちるし、良いことばかりのようですが、『手湿疹』にはあまり良いものではありません。
なぜなら、お湯は手や指の皮脂を奪って乾燥を早めてしまいますから、『手湿疹』を悪化させることに繋がりかねないのです。
『手湿疹』のケアで最も大切なことが、“保湿”ですから、乾燥を早めてしまうお湯は、なるべくを使わない方がいいでしょう。
どうしてもお湯を使う場合は、早いうちにハンドクリームを塗るようにします。

また、普段から家事をする時に使用している洗剤も、『手湿疹』の症状がある時には刺激になることが多いので、塩化ビニールの手袋かゴム手袋をするようにします。その場合、ハンドクリームや保湿剤を塗って、木綿の手袋をはめた上からします。
洗濯物を干すときや、拭き掃除をする時も、常に二重に手袋をするなど、手や指に摩擦を起こさないようにして、作業するようにしましょう。

保湿剤は薬局・薬店で手に入れることができます。尿素やヘパリン類似物質は、保湿にすぐれています。
また、症状が強い部分にはステロイド外用剤(市販)を使うのも良いでしょう。
保湿剤は一日に何度も使うことができますが、ステロイド外用剤は使用上の注意を守りましょう。

これらのケアは簡単なようですが、忙しかったりすると、つい面倒になったり、忘れてしまいがちです。
ですが、『手湿疹』のケアを習慣にすることは、『手湿疹』の状態を悪化させないために、とても必要なことなのです。

このブログ記事について

このページは、Yosakuが2009年12月19日 12:53に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『手湿疹』の原因について」です。

次のブログ記事は「『手湿疹』は治るものなのでしょうか」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2