スポンサードリンク


『手湿疹』の自宅ケアについて

『手湿疹』の治療に最も必要なことは、“こまめなケア”です。

『手湿疹』を悪化させないために、自宅でもできるケアについてお話しましょう。

自宅で『手湿疹』のケアを行う場合、“保湿”に注意しなければいけません。
なぜなら、家事はもちろん、日常生活で行う作業のほとんどは、必ず手を使っています。
そのため、常に手の水分や皮脂は、奪われやすい状態にあるのですが、こまごまとした作業をしていると、つい手のケアをしそびれてしまったり、後回しにしてしまうこともあるでしょう。
ですから、意識して“保湿”を心がけましょう。

特に、手の水分や油分が奪われやすい状態になるのが、水仕事の後・手洗いの後・洗顔や洗髪など、手が水に触れた後です。
これらの作業は正常な手指の時でも、刺激を受けやすい状態になります。
ですから、『手湿疹』の症状がある時は、より一層危険な状態になるということで、悪化する可能性もあるのです。

水を使う作業をする場合には、できれば、ゴムの手袋をして作業するのが望ましいです。
その時は、ゴムの刺激を防ぐために、綿の手袋をはめた上にゴム手袋をはめるといいでしょう。
ですが、素手で水を使う作業をした後は、必ずハンドクリームなどで“保湿”する事を忘れないでください。

『手湿疹』の症状には、なるべく刺激が少ないハンドクリームやワセリンなどの保湿剤を選ぶようにして、1日数回、こまめに“保湿”することを心がけましょう。最近では、『手湿疹用』のクリームもでていますから、症状に合わせて選ぶといいですね。

また、『手湿疹』の自宅ケアは、水を使った作業の後だけでなく、家事全般において作業前のケアも大切になります。
例えば、新聞の片づけでは、紙とインクの刺激を受けます。布団の上げ下ろしは、布と綿の刺激があります。
拭き掃除は、洗剤や、汚れた水による刺激も考えられます。押入れや物置の片付けなどでは、ホコリによる刺激も、かなりのものです。
これらのような、手指に強い刺激を受けるような作業をする前には手指の保護を念入りにするようにしましょう。
そうすることで、『手湿疹』で刺激に敏感になっている手指を、保湿剤が膜となり、守ってくれるのです。

こうして考えると、家事は本当に手指を使います。
自宅で“保湿”に注意するのは以外と大変なことかもしれませんが、常に“保湿”を意識するようにしましょう。
自宅でのケアの最大のポイントです。

『手湿疹』の症状のある手指の保湿は、外出先でも必要ですから、常に自分にあった保湿剤を持ち歩くようにしましょう。
そして、自宅でのケア同様に外出先でもケアできるように工夫しましょう。

『手湿疹』の自宅でのケアは、今すぐはじめられるものが多いので、悪化させないためにも、早速はじめてみましょう。

ですが、『手湿疹』の炎症が悪化している場合は、皮膚科での治療が先決です。

このブログ記事について

このページは、Yosakuが2009年12月26日 22:28に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「『手湿疹』の“かゆみ”対策について」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.2.2